キャノン LBP9100Cで印刷時のスジの一時的な直し方

1

職場で使用しているキャノン製ページプリンタ Satera LBP9100Cですが、最近プリントした時にスジが入るようになりました。
1、2枚の印刷時は目立ちませんが、枚数が多くなると豪雨状態になります。Crying face
また、封筒などの厚紙印刷時もかなりスジが目立ちます。

10

このプリンターは、4年ほど前に職場の業務用ソフトを更新した時にソフトと同時に買い取りで購入したので、ソフトのサポート契約はしましたがハード面の保守契約などはしておりませんでした。

トナーは、純正トナーを使用すれば良いのでしょうが、価格の面で社外品を使用しております。

はじめは、トナーカートリッジの不良を疑い、キャノン純正のトナーに変えて様子をみましたが、変化が無かったので、キャノンのサポートセンターに電話してみると、
1.純正トナーを使いっているか。
2.用紙をセットするときに、さばいてセットしているか。(どうして関係するのか分からない?)
3.厚紙をセットする場合は、用紙設定を適正に選んでいるか。
などを質問され、その場で確認をしましたが印刷結果は変わらず、自分では直せないと判断しサービスマンの方の手配をお願いしました。

また、訪問修理の場合、訪問料12960円と技術料12960円 + 部品代がかかる旨の説明を受けました。

その日の夕方に、地元のキャノンサポートの方から電話があり、翌日プリンターの故障確認に来てくれることになりました。
キャノンのサポートの方の話を聞いたしたところ、プリンター内部のITBユニットという部品の劣化で、交換しないと直らないと言われました。
その際は、ITBユニット49920円と作業代で約74000円とのことでした。Crying face

11

しかし、今ならLBP9100Cの後継機のLBP9100CSという機種が台数限定で52800円とのことで、
修理代>新品購入
となり、新品を検討した方が良いとのこと(^^;)
記憶では、4年半前にLBP9100Cを購入したときは、確か15万円程だったと思いますが価格が1/3近くまで下がってしまいました。

仕事で使うプリンターなので、今回は修理をせず後継機のLBP9100CSを購入するこことなり、翌日来てくださったキャノンの営業さんと注文を交わし、2~3日で新しい機種の納入のはこびとなりました。

しかしなんか納得いかないのです。私は。
このITBユニットの耐久性は、約150000ページとなっています。
現在の印刷枚数は約56000枚です。まだ耐久性はあるのに年数の劣化で寿命なのでしょうか?

12

調べてみるとITBユニットとは、タンデム方式のカラーレーザープリンタにおいて、ベルト状のフィルムの上に各色のトナーを順番に乗せていって焼き付ける様な仕組みの部品のだということが分りました。
その際にベルトを綺麗にクリーニングするゴム製のワイパーの様なブレードがあり、そこに用紙の粉などがついてしまって綺麗にベルトがクリーニング出来ずに、用紙に筋がはいる、という結論になりました。
だったらそのブレードを取り出してブローするか、洗えばいいんじゃねえの?

また、裏技でこのベルト(フィルム)を逆回しすると、印刷のスジが直ると記事を発見しました。
きっと逆に回すと、ブレードに付いているゴミのあたりが変わる のだと思います。
早速実験です。

内部へのアクセスはキャノンのITBユニットの交換手順を参考にしました。
ITBユニットの交換手順

ITBユニットの交換を自分でやる場合は、部品代49920円でOKだと思います。

まず向かって右側の蓋を開けます。

20

続いて、左右の青いつまみを持ち斜め下向きに引きます。

30

最初、私は引いても何かが噛んでいるようで、力をいれても出てきませんでしたが、何度か押したり引いたりしているうちにITBユニットが出てきました。

40

ベルト(フィルム)にキズをつけないように取り出す、ベルトには多少のスジはあるものの、深い傷などは見あたりませんでした。

50

(後日、廃棄することになったこのプリンターで試したところ、両側のネジ3本を外し、白いカバーと中の歯車を外した後、多少ガイドを広げるとブレードの部分を取る事ができました。その際トナーが飛び散りますので、ご注意ください。また、再度組は立てる為に、小さい歯車の場所を覚えておいてください。)

60

この部分にベルト(フィルム状の物)をクリーニングするブレードが入っています。
本当は、このクリーナーの部分を分解し、洗えば良いのしょうが、分解して元に戻す自信がないので、今回はあきらめます。

70

手前のローラーの左右を親指で押しながらベルトを奥の方に回します。

80

テストページを印刷するとこのとおり、しっかり直ってしまいました。
この状態で、数枚は綺麗な状態で印刷ができました。

90

なお、試される方はご自分の責任で。
以上、どなたかのお役に立てば。

コメント

  1. はじめまして、LBP9100Cユーザーです。
    一言、お礼を申し上げたくメール致します。
    3万頁弱印刷で霞状の線が印刷される不調発生
    耐久性=15万頁のITBユニット(≒4万円)交換を
    求められプリンター買換えを検討している時に
    御社の記事に出会うことができ、試した結果、
    記事の通り復活できました。
    5万円の出費は痛いうえ、プリンター廃棄
    予備トナー損失など悩んでおりましたが、
    御社の記事に助けて頂きました。
    まことにありがとうございました。

    返信削除
    返信
    1. はじめまして。
      コメントありがとうございます。
      多少なりともお役に立てて光栄です。

      削除
  2. ブログ拝見しました。まさに同じ状況で、御社のブログにたどり着いた次第です。
    で、さっそく試してみました。
    実際の作業は、ブレードがある部分にエアダスターを噴射、結構な量のトナーかすが吹き飛びました。
    おかげさまで印刷は良好です。感謝感謝です。

    返信削除
    返信
    1. あきやんさんはじめまして。
      コメントありがとうございます。
      確かにエアダスターを噴射すれば良い、とは気がつきませんでした。(^_^)
      でも、屋外でテストしないとトナーが飛び散り大変なことになるかも。。。

      削除
  3. はじめまして
    検索してブログ拝見しました。
    まだ購入して2年しかたっておらず4万枚ぐらいしか印刷していなかったので困っていました。
    やはり結構なかすが溜まっており、強制的に振ったりして掃除しました。
    おかげさまで元に戻りました。
    ありがとう御座います。

    返信削除
  4. とても助かりました。

    私は、LBP9100Cを合計4台使用し(うち2台はすでに廃棄)、合計30万ページは印刷している者ですが、私も何度も同じような症状(紙を送る方向にスジが入る。A4印刷では短辺と平行に。)で悩まされ続けました。
    キャノンが対策として示している「クリーニング」では、「多少改善される」という程度で、解決になりませんでした。

    そんな中、こちらのページで紹介されている方法を実施したところ、見事にスジが消えました。

    私は、「手前のローラーの左右を親指で押しながらベルトを奥の方に回します。」のところを、「向かって右側にあるローラーがデコボコしているのを利用して、そこにペンチをあてて、ペンチごとグルグル回転させる」方法で掃除しました。

    先日、ついにスジが消えなくなったため15万ページ印刷したLBP9100Cを廃棄したのですが、廃棄する前にこの方法を試してみたかったところです。棄てずに済んだかもしれませんね。

    LBP9100Cはもうカタログ落ちしてしまいましたが、多くのLBP9100Cユーザーにとって、これほど役に立つ情報はなかなかないと思います。他のキャノン機種にも当てはまるかも知れませんし。

    長年の悩みが解決しました。どうもありがとうございます。

    返信削除
  5. すじ症状、上のほうの写真とそっくりで、チャレンジ。
    広げた新聞の上に、ユニットの端から茶色のトナー状のものが落ちてきてびっくり。
    これってブレードがこそげ落としたトナー?
    で、結局、ローラー送りできず、そのまま元に戻したんですが、
    なぜか筋目がすっきり消えました。(笑)
    大感謝です。

    返信削除
    返信
    1. muteさん、こんにちは。
      お役にたてて光栄です。

      削除
  6. 当社のLBP9100Cも黒いスジが出てきて困っておりました。御社の記事を読ませて頂き、早速
    試してみました。部品を外し外に持ち出しブロアーで吹き飛ばして掃除をしたところ完全復活いたしました。ありがとうございました、助かりました。S・taisei

    返信削除
    返信
    1. 匿名さん、こんにちは。
      お役にたてて光栄です。

      削除
  7. 同じく筋がでるようになったので
    この部分を外せばブレードが取り出せる?という白いパーツ側を上にして
    養生した床にトントンしたらトナーカスが山のように出てきました。
    んで戻しただけで筋は消えました。感謝です!

    返信削除
    返信
    1. せきさん、こんにちは。
      お役にたてて光栄です。

      削除
  8. 以前、こちらの方法を拝見して、助けられ、その後ITBユニットを交換しました。また同様の症状がでましたので、記憶をたどって、またこちらに助けられています。ありがとうございます。今回は勇気を出して(笑?)、写真の「この部分」にティッシュを入れてそっとなぞったところ、せきさんのごとく、大量のトナーが出てきました。それならと、掃除機で「この部分」の隙間を吸い、できるだけトナーを回収してみました。またしばらく、4万円の投資は回避できそうです。

    返信削除
    返信
    1. 匿名さん、こんにちは。
      お役に立てて光栄です。

      削除
  9. 貴重な情報をありがとうございました。
    こちらの記事を見ながら作業しておりましたら、ブレード部のカバーの外し方がわかりましたので、外し方を公開しました。
    よろしければご覧ください。
    https://yoshio-akz.blogspot.jp/2018/02/canon-satera-lbp9100c-itb.html

    返信削除
    返信
    1. よしおさん、こんにちは。
      詳しい写真と手順をありがとうございます。

      しかし、沢山のトナーが溜まるものですね。。。
      これでは、綺麗に印刷出来ないのも判ります。

      削除
  10. んげちゃん2018年2月9日 11:52

    ブロアー1台で左右に付いていた幅広スジが解消です。

    昨年暮れあたりからスジが出始めて色々挑戦して見ましたが消えず
    そろそろキャノンに複合機のメンテナンスを頼むついでにお願いしようかと
    思っていたのですがたまたま見つけたこのブログ!!
    ほんとに助かりました。

    でも、これから同じようにされる方にアドバイス。
    はずしたらそっとそのまま屋外に!!
    ブロアーで飛ばすとかなりの量が出ますので
    回りの民家等も考慮して行ってください。
    私はブロアーの前に屋内で新聞を広げてかなりの量を振るい落としたつもりですが
    そとでブロアーをかけたらまだまだ沢山の廃トナーが飛んで行きました。

    以上アドバイスです。
    みちのく様、ほんとうにありがとうございました。

    返信削除
    返信
    1. んげちゃんさん、こんにちは。
      貴重な体験談ありがとうございます。

      削除
  11. 当方も同じ症状で、クリーニング部の5箇所の爪を外して中を掃除機で吸引し、キレイになったと喜んでおりました。ですが仰るように一時しのぎかも知れません。というのは以後100枚ほどの印刷のあいだに筋が再度現れる様になりました。

    おそらくあのバネがくっついたネジを外して分解すれば解決策か手がかりがつかめるのでしょうが、何分元に戻せなくなったらと思うとなかなか外す気になれません。コレが素人の限界なのでしょう。

    根本的な解決はやはりTIBユニット自体を交換するのが確実な様に思います。価格が高価なので決断が必要ですが。

    返信削除
  12. Unknownさん、こんにちは。
    よしおさんが、詳しい分解方法を上げてくださったのですが、
    https://yoshio-akz.blogspot.jp/2018/02/canon-satera-lbp9100c-itb.html
    やはり、根本的解決にはならないのですね。
    しかし、ITBユニットの交換には、勇気がいります。(^_^;)

    返信削除
  13. 数ヶ月前から困っていて、トナーを交換したりしましたが効果が無く、調べていたらここのサイトに行き着きました。https://yoshio-akz.blogspot.jp/2018/02/canon-satera-lbp9100c-itb.html
    そして、上記のサイトでさらに確認して、印刷したところ、
    キレイになりました!!!
    ありがとうございました。

    返信削除
    返信
    1. 匿名さん、こんにちは。
      少しでもお役に立てて光栄です!!

      削除

コメントを投稿

このブログの人気の投稿

PR-S300NE ルーター機能をオフにする方法

ティアナJ32のカーウイングスナビパネルの外し方、走行中の解除方法