産業廃棄物処理業務ソフトの更新

産廃イチロー画面

今月初めに当社の販売管理ソフト並びにマニフェスト管理ソフトが新しくなりました。
それに伴ってお客様へ届く請求書用紙も、今までの用紙と違いますのでお間違いないようお願いいたします。
お手数をかけます。 Not worthy

当社のシステムも15年間使い込んだDOSとWin98ベースのスタンドアロン(単体)のソフトから、Windows7対応のLAN対応ソフトへとなりました。
今回導入したのは、産業廃棄物処理業務パッケージソフト販売で数多くの販売実績がある㈱SMSさんの「産廃イチロー」と「産廃キング」です。

産廃イチロー  産廃キング

㈱SMSさんでは、PCのリモートサポートや災害などに備えデータのクラウドバックアップサービスなどもしておりとても安心ができる会社さんと判断し導入しました。

以前のソフトは自社開発のソフトで慣れ親しんだ操作性と、DOSベースのソフトであるため画面がちと寂しいですがテキパキと
動くソフトで別れることは名残おしいのですが、やはり時代の流れと今後の事を考え新しいシステムを導入しまた。

構成は、SQLデータベース管理用に新しく導入したWindows7のメインPC1台とクライアントとして以前から使用していた私たち事務部門のPC4台でソフトを導入しました。
また、マニフェスト印刷用に富士通製のドットプリンタ、帳票印刷用にCANNON製のレーザープリンタも導入しました。
ちょっともったいない様な立派なシステム構成となりました。
(社長ありがとうございます。)(*^_^*)

システム入替2  システム入替3

今までは、一人が使っていると使えなかった、業務パソコンですが、これからは私たち事務部門各自が自分の前のPCで同時に作業ができる様になりまた。

これでお客様からの、マニフェスト等のお問い合せなどにも、お待たせすることなく迅速でお答えできるかと思います。
今後も 福島市の一般廃棄物処理と産業廃棄物処理は、みちのく興業まで。

お電話 024-567-5108

コメント

このブログの人気の投稿

PR-S300NE ルーター機能をオフにする方法

ティアナJ32のカーウイングスナビパネルの外し方、走行中の解除方法

キャノン LBP9100Cで印刷時のスジの一時的な直し方