廃タイヤは、産業廃棄物処理業者へ。

廃タイヤ処理ルート

今月3日は、寒気の影響で福島市の吾妻山では昨年より24日早く初冠雪を観測しました。
今年は例年より寒い冬になるのでしょうか?。I dont know
そろそろ冬の準備なんかも必要です。
スタッドレスタイヤのことも考えなくては。。。

そこで、廃タイヤの話です。

以前は、「産業廃棄物広域再生利用指定制度」により環境大臣の指定を受けたタイヤ販売店等では、産業廃棄物処理業の許可がなくても廃タイヤの引取り(処理の受託)をすることが出来ましたが、平成15年の廃棄物処理法の改定において「広域再生利用制度」が廃止され、その経過措置が今年の3月31日まで認められておりましたが、平成23年4月1日以降は、基本的に産業廃棄物収集運搬業の許可を有しないタイヤ販売店は廃タイヤの引取りができません。
(また積替え保管の許可も必要、無償の場合は例外です)

ただし、自家用車の廃タイヤは一般廃棄物となります。その為、一般廃棄物処理は、自治体によって違います。ちなみに我が福島市は廃タイヤを受入れていないので、産業廃棄物扱いとなり、産業廃棄物処理業者に廃棄をお願いすることとなります。
ご注意ください。

2011-10-19 17h50_13

廃タイヤの処理は、お任せください。
024-567-5108
みちのく興業
まで。

コメント

このブログの人気の投稿

PR-S300NE ルーター機能をオフにする方法

キャノン LBP9100Cで印刷時のスジの一時的な直し方

ティアナJ32のカーウイングスナビパネルの外し方、走行中の解除方法