福島市民は必読「福島市ふるさと除染計画・除染マニュアル」

福島市ふるさと除染計画・除染マニュアルが策定されております。
福島市民は必読と思います。Thinking

ポイント

○放射性物質を含んだ塵は、市内の大気中でほとんど検出されなくなってきている。
○現在検出されている空間放射線量は、地面や木々の葉など残っている放射性物質から放たれている物と考えられる
○放射性セシウムは土壌内では移動しにくい。土壌内のセシウムは殆ど粘土に吸着され、植物等には吸収されにくくなっている。
○堆肥や雑草落ち葉等の有機物を多く含んだものに降った放射性物質は未だ植物へ移行するので注意
○セシウム134は半減期が2年、セシウム137は半減期が30年その為、放射線量率は3年で2分の1に低下するがその後は半減期の長いセシウム13が主な線源となる為、9年で4分の1、30年で7分の1と低下の割合が鈍化する
このまま放射線物質を放置したままでは、放射線量の大きな低下は期待できない。
除染を早く実施すれば、私たちの被ばく量をへらすことができる。

また、除染に際して個別詳細放射線測定を行ってくれるそうです。

コメント

このブログの人気の投稿

PR-S300NE ルーター機能をオフにする方法

キャノン LBP9100Cで印刷時のスジの一時的な直し方

ティアナJ32のカーウイングスナビパネルの外し方、走行中の解除方法