検査機器の数値に一喜一憂

5月14日民報新聞

新聞によると桧原湖のワカサギからも基準値を上回る放射性セシウムが検出されたとのことです。
現在は桧原湖は禁漁となっている為、市場に出回ることはありませんが。

また、300キロも離れた神奈川県の足柄茶からも放射性物質のセシウムが検出されました。
困ったものです。

それにしても、検査機器の性能が良すぎるのでしょうか。私たちも数字に過剰に反応しすぎでは?と思う事も多々あります。

検査機器にはたまたまとか、偶然に高い数値が表示されるなどと言うことはないのでしょうが、国が発表している暫定基準値とやらと、検査機器の数値に一喜一憂している人も多いはずです。

例年だと桧原湖は11月に解禁ですが、それまでに数値が下がってくれるのを祈るのみです。 Praying

logomark

コメント

このブログの人気の投稿

PR-S300NE ルーター機能をオフにする方法

キャノン LBP9100Cで印刷時のスジの一時的な直し方

ティアナJ32のカーウイングスナビパネルの外し方、走行中の解除方法