Akinator 魔法のランプのおじさんに完敗

昔、20Qというおもちゃがバンダイから発売され、20問の質問に順番に答えて行くと、人工知能内臓のおもちゃがプレイヤーの考えた物を推察して当ててくれる、というものがありました。

20Q

Web版の20Qはこちら。
http://www.20q.net/index.html

この20Qの場合、選択肢が2つで質問が20だから、
2*2*2*2*2*2*2*2*2*2*2*2*2*2*2*2*2*2*2*2となり、1048576通りのパターンがあります。
現在の広辞苑(第六版)では、収録項目数は24万語なので、20問の以内で辿りつけることになります。
(以外に簡単に判別できる。)
(´・ω・`)

そんな折、最近iPhoneアプリランキングで上位のAkinatorをダウンロード(230円)して試してみました。

Akinator(アキネイター)とは質問への5段階の回答例を元に(実在または架空の)人物・キャラクターを絞込み推測しながら特定するプログラムエンジンであり、データベースを応用した人工知能の一種である。
20個ほどの簡単な質問だけで、回答者がイメージしている人物の名を当てることができる。
~Akinator - Wikipediaより~

akinator1 akinator2

akinator3 akinator4

遊び方は、プレーヤーが有名な人物やキャラクターを想像する。
Akinatorがいろいろと質問をしてくるので、その質問に答えていくと、想像していた人の写真がジワーッと表示される、ってな感じです。

それにしても、Akinatorは凄すぎます。
Akinatorに完敗です。

私も芸能人からスポーツ選手はたまた、悠仁さま、サザエさんのあなごさんまで試しましたがすべて正解です。
(@_@;)

20Qと違い、Akinatorはどんどん学習していって、精度が上がっていきます。
世界中の人がやればやるほど、Akinatorには膨大な人名と、その人物に対する抽象化されたイメージが蓄積されていきます。
その結果、魔法のランプのオジサンが賢くなっていく仕組みです。

みなさんも、絶対に解らないであろう人物を入力して、Akinatorを降参させてください。

PCではこちら。(PC版は無料で遊べます)
http://jp.akinator.com/


ちなみに、Internet Explorerの場合は、文字コード判定が甘いため、最初は真っ白な画面になる場合があります。
その際は、「表示」-「エンコード」-「Unicode」で表示します。

iPhoneアプリのダウンロードはこちら。
http://itunes.apple.com/jp/app/akinator/id325822882?mt=8&ign-mpt=uo%3D4

コメント

このブログの人気の投稿

PR-S300NE ルーター機能をオフにする方法

キャノン LBP9100Cで印刷時のスジの一時的な直し方

ティアナJ32のカーウイングスナビパネルの外し方、走行中の解除方法