投稿

12月, 2010の投稿を表示しています

本年もご愛顧ありがとうございました。

イメージ
早いもので、もう今年の最終営業日を迎えました。
毎年恒例のことですが、ここ2、3日はとっても慌ただしかったです。
お客様に回収依頼をうけても、どうしても車の手配がつかず、回収を年明けに伸ばしてもらうこともあり、お客様には大変ご迷惑をお掛けいたしました。

最後に改めて。
本年も、皆様には格別のご愛顧を賜り厚く御礼申し上げます。
来る年も変わらぬ御愛顧のほど、宜しくお願い申し上げます。
m(_ _)m 

おっと、私はまだ午後からデスクの掃除と請求書の発送が残っておりました。もう少し忙しさが続きます。(^^ゞ


有限会社みちのく興業
スタッフ一同

Eye-Fi Cardはとっても便利

イメージ
カメラがワイヤレスカメラに。Eye-Fi CARDを試しました

以前から欲しいと思っていた、Eye-Fi CARDの旧型がヤフオクで安く売られていたので購入しました。
このEye-Fi CARDとは、SDメモリカードと無線LANのカードが一緒になった、無線LAN内蔵メモリカードです。
このカードと無線LAN親機があれば、このカードをデジカメにセットし、写真を撮り暫くすると、予め設定しておいたフォルダに写真が自動的にコピーされます。
最近は、無線LAN機能付きのデジカメなんて物もありますが、このカードを装着するだけでワイヤレスカメラになります。


今まででしたらUSBケーブルを引っ張りだしカメラとPCを接続して転送するか、カメラからメモリカードを抜き取りPCのカードスロットに差し込んでコピーする必要がありましたが、このEye-Fi CARDがあれば、無線LAN親機の圏内に入ればれば全自動でコピーされます。
何度もメモリカードの蓋を開け、誤ってメモリカードの蓋を折ったりすることもなくなります。
また、1つのカードに32カ所まで無線LANネットワークを登録できたり、公衆無線LANへの接続、各種の写真アップロードサービスに直接送信できたりする機能もあります。

実際に使用してみると、無線LANなので、若干のタイムラグは有るももの大変便利です。
写真を撮り暫くすると、画面右下に転送の画面が表示され、自動的にフォルダにコピー。
快適です。
(*⌒▽⌒*)

新しいタイプEye-Fi CARDは、SDHC仕様になったり無線が11nに対応しているので、私の旧型よりもっと高速に撮影から転送までの行程ができるはずです。

また、11月にBUFFALOのNAS「リンクステーション」がファームウエアのバージョンアップをおこない、Eye-Fi CARDに対応したそうです。
今まではPCを介して(PCにソフトを常駐)写真を転送していましたが、今度からはPCを立ち上げなくても、このNASがあればネットワーク上のNASに直接保存できるとのことです。

福島県の許可で収集運搬はすべてOK?

イメージ
今月17日に環境省より「廃棄物の処理及び清掃に関する法律施行令の一部を改正する政令」等の閣議決定について(お知らせ)がが公表されました。
来年の平成23年4月1日より施行です。

その中のポイントの一つとして、「産業廃棄物収集運搬業許可の合理化」があります。
現在は、廃棄物の収集場所と処分場所の両方の、都道府県又は政令市の許可を受けなければなりませんが(通過のみは不要)、今後は原則として、一の政令市を越えて収集運搬を行う場合は、都道府県の許可があればよくなるようです。

我が福島県では、福島県の許可と政令指定都市である、郡山市といわき市の3つの許可があります。
しかし今後は、福島県の収集運搬業の許可のみで、福島県内はすべて大丈夫と思われます。
この辺が少し勉強不足でですが、「来年の4月以降で積替え行為を行わない場合は、区域の狭い郡山市、いわき市内で収集・処分共にする場合でないと、この政令指定都市の許可を受ける意味がない。
政令市を含む福島県の許可を受けた方が得策である。」
と思われます。


実は収集運搬業許可申請手数料は1件に付き73000円と、金額はばかにはなりません。
まだ、福島県に聞いたわけではないので確実ではありませんが、ホントなら久しぶりの規制緩和で大歓迎です。


「廃棄物の処理及び清掃に関する法律施行令の一部を改正する政令」等の閣議決定について(お知らせ)

年末年始休業のお知らせ

イメージ
誠に勝手でありますが、弊社では下記を年末年始休業とさせて頂きます。
皆様にはご不便をおかけしますが、ご理解賜りますよう宜しくお願い申し上げます。
今後とも有限会社みちのく興業をよろしくお願い申し上げます。
業務管理課
【年末年始の休業期間】
平成22年12月31日~平成23年1月6日

新年は1月7日より通常営業とさせていただきます。

年末の廃棄物回収ご依頼はお早めに。みちのく興業まで。

イメージ
12月も3週目に入り、当社も少しずつ慌ただしくなってまいりました。

12月で現場が完工を迎え、それに伴い建設系廃棄物(産業廃棄物)の最後の回収依頼や、事業所では年末大掃除に伴って、書類などの廃棄物(一般廃棄物)の回収依頼、はたまた、従業員総出の倉庫片付けに伴ってのゴミの回収依頼等。。。がかなり増えます。

当社としても大変嬉しいのですが、どうしてもお客様のご要望に添えない場合が多々あります。
「年末のこの日が最終日だから午前中に片付けをしてゴミをまとめておくから、午後から回収に来てください。」という内容の電話です。

電話でお客様の話しを聞くと、お客様の事情が分り、ご希望の時間にトラックを配車してあげたいのですが、「配車の隙間の時間に予定を入れようとしても、どうしても手配できない」なんて事が発生します。
「もう少し早く電話をいただければ。。。」お客様の所に伺えたのにと心の中で思うことが、年末は必ずあります。

かく言う私も我が身を振り返ってみると、土壇場にならないと動かないことが、よく有りますので、人の事は非難できないのです。(^_^;)

誰しも年末に大掃除して、スッキリして年始を迎えたいですもんね。

お願いです。年末の回収依頼は、どうしても混み合います。ただ、お早めにご連絡をいただければ、ご指定の時間に回収も可能です。
とくに、12/27・28・29日は、大変混雑が予想されます。
回収のご用命は、お早めに。

産業廃棄物・一般廃棄物処理は、
有限会社みちのく興業
024-567-5108まで。

マニフェスト印字サービス

イメージ
「マニフェストの用紙は、何処で買えばいいの?」と電話でご質問を受けました。

「マニフェスト伝票は、必ずこの用紙でなければならない」という物はありません。
必要事項(廃棄物処理法施行規則第8条参照)を網羅していれば、どんな物でもかまいません。
また、マニフェストを大量に使用するお客様の中には、自社名等をあらかじめ印刷したマニフェストを作成し、記入の手間を省いている方も居られます。
用紙はどんな物でも良いといっても、当社では社団法人全国産業廃棄物連合会(以下連合会)発行の物(1枚25円)をご推薦しております。
その訳は、当社も会員となっている産業廃棄物協会の中央団体ですので、「絶対に間違い無い」からです。
連合会のマニフェスト用紙は、全国47都道府県の産業廃棄物協会で購入ができます。


お近くの産業廃棄物協会
ちなみに福島県の場合は、こちら↓


福島県産業廃棄物協会
マニフェスト伝票は原則的にお客様(排出事業者)の方で、ご用意して頂くこととなります。
ただ半年に1回程度の排出のお客様や、今回だけというお客様に、1箱100枚入りのマニフェストをご購入してください。というのは私も気が引けます。
そんなお客様の為には、こちらでマニフェスト伝票用紙を用意してお客様の元へ回収に、お伺いすることもできます。
また、「会社のスタンプを何枚も押すのが大変!」というお客様の為には、当社のドットインパクトプリンターにての印字サービスも無料にて実施しております。(複写式の用紙ですのでインクジェットプリンターでは印刷ができません)
お気軽にお申し出ください。

電子マニフェスト 導入は時代の流れです

イメージ
お客様より、「みちのくさんでは、電子マニフェストを出来るの?」と
電子マニフェストの件でお電話を頂きました。
「もちろん導入済みです。」

そういえば、思い出しました。電子マニフェストを運営している、財団
法人日本産業廃棄物処理振興センターでは、電子マニフェストの
加入料無料キャンペーンを12月末まで実施しているそうです。


排出事業者の方は、加入料5,250円(A料金の場合)→0円 です。
電子マニフェストの導入をお考えの方、今がチャンスです。


財団法人 日本産業廃棄物処理振興センター
パンフレット
http://www.jwnet.or.jp/jwnet/campaign/campaign_leaflet.pdf

福島県「電子マニフェスト操作説明会のお知らせ」が掲載されております

イメージ
福島県「電子マニフェスト操作説明会のお知らせ」が掲載されておりました。
福島県では、福島県内に事業場を有する産業廃棄物排出事業者・処理業者のマニフェスト実務担当者の方を対象に電子マニフェストの操作説明会を開催するそうです。
参加費は無料とのことですので、ご担当者の方は参加されてみては。


福島県「電子マニフェスト操作説明会のお知らせ」