TOSHIBAの世界初HDD本体を搭載機器から取りはずすだけで記録デ ータを瞬時に無効化する技術

TOSHIBAが「世界初、HDD本体を搭載機器から取りはずすだけで記録デ
ータを瞬時に無効化する技術を開発」とのことです。


ハードディスクのデータを消去する一番確実の方法は、物理的に破壊
することです。



ただ、ハードディスクは頑丈です。CD-Rの様に簡単にカッタナイフ等
の先の尖った物でキズを付けデータを破壊することはできません。
また、ハードディスクを物理的に壊す場合、単に基盤やコネクタの部
分を壊しただけでは不完全です。
実際にデータが記録されているディスク面を破壊しなければ、データ
を復旧させる事ができますので安心とはいえません。

内容を別なデータ等で何度か上書きするなどするのも安全ですが、何
せ時間が掛かります。
比較的小さな500GB程度のハードディスクでさえ、データ消去ソフトな
どを使い消去するには、数時間も掛かります。


TOSHIBAのこの技術は、ハードディスクをパソコンやOA機器からハード
ディスクから取外しハードディスクへの電源が断たれた場合に自動的
に消去し記録データを瞬時に解読不能にする技術だそうです。


アメリカのテレビドラマ「スパイ大作戦」の名ゼリフ「このテープは自
動的に消滅する」的なハードディスクです。
:-)


以前は、壊れ易かったハードディスクも最近は衝撃にも強くなり、
コピー機、家庭用ビデオデッキ、オーディオ機器にも使われております

当社では、不要になった電化製品に含まれる、ハードディスク等の磁気
記録媒体は、物理的に破壊しデータを読み出し不能とし、情報漏洩を防
いでおります。

家電製品の処理はお任せください。
みちのく興業
024-567-5108までお電話ください。

TOSHIBA↓
http://www.toshiba.co.jp/about/press/2010_08/pr_j1001.htm

コメント

このブログの人気の投稿

PR-S300NE ルーター機能をオフにする方法

キャノン LBP9100Cで印刷時のスジの一時的な直し方

ティアナJ32のカーウイングスナビパネルの外し方、走行中の解除方法