もう少しホントの規制緩和をして。


8月3日に東京で第13回「中央環境審議会廃棄物・リサイクル部会廃
棄物処理制度専門委員会」が開かれました。
2010年に改正されるであろう廃棄物処理法の骨子が明らかになって
きました。

その中で規制緩和の一環として、下請けが産業廃棄物収集運搬業の
許可無しに自ら運搬できる条件
についての項目がありました。
読んでみると、その3番目の条件に
「1回に運搬する廃棄物の容積が1m3以下であること」
とあります。

それにしても、1回に運搬する容積が1m3以下というのは。。。
2tダンプ車の鉄のあおりの高さでも1.5m3の積載量です。
こんな工事現場はあり得ないし、これでは運搬出来ない。
運搬するなと言っているのと一緒です。

また5番目の条件として、
「廃棄物が排出される現場と同一の都道府県内であること」
の項目も県境の現場のことを考えると、もう少し柔軟な条件に
して貰いたいものです。

これでは全然規制緩和になってない~。
もっと何とかして~と声を大にして叫ぶのでした。
(^^;)

廃棄物処理制度専門委員会(第13回)
資料2 廃棄物処理法政省令事項素案↓
http://www.jwma-tokyo.or.jp/asp/info/html/pdf/20100803_Waste-management-system-13_document02.pdf

コメント

このブログの人気の投稿

PR-S300NE ルーター機能をオフにする方法

キャノン LBP9100Cで印刷時のスジの一時的な直し方

ティアナJ32のカーウイングスナビパネルの外し方、走行中の解除方法