「ツバルが沈むより先に福島が沈む」はホント?


先週の9日、私が帰宅する7時頃は、ものすごい雨で車のワイパーが掃ききれず、
前が見えなくなり危ない思いをしました。
(T_T)
郡山市では、その前日2日続けての「ゲリラ豪雨」で、全国ニュースでも取り上げられる程。

天気予報によると、北からの冷たい空気の影響で大気の状態が不安定な形になり
それが続いているらしいのです。
上が重たい冷たい空気・下が軽い暖かい空気 = 不安定
昔、理科の時間に教わったことを思い出します。

最近の天気は鈍感な私にも判るぐらいなんかヘンです。

最近の雨は、梅雨の雨とも真夏の夕立とも、なんか違う。
梅雨の雨はどちらかというと冷たい雨がシトシトと降り続く雨。
夕立の雨は蒸し暑さが続いて、その後雨がパット降り涼しくなる。短い雨。
でも最近の雨は、強い雨が降り続く雨。

そんな豪雨も地球温暖化の影響でしょうか?
福島気象台によると、わが福島県の年平均気温は100年あたり、1.5度上昇している
そうです。
平均気温が高くなったのは、「最低気温が下がりにくくなった」為。
冬日(0度未満の日)の数が減少しているそうな。
この上昇率でいくと、100年後には今から2~3度上昇するそうです。

「地球温暖化による東北地方・福島県の気候への影響」pdf ↓
http://www.google.co.jp/url?sa=t&source=web&cd=14&ved=0CCkQFjADOAo&url=http%3A%2F%2Fwww.jma-net.go.jp%2Fsendai%2Fwadai%2Fondanka%2Fpamphlet%2Ffukushima.pdf&ei=o_s3TJ23DJWXkQWdl4GgAw&usg=AFQjCNHcu5QD4OL6EAgs_tm5cXF-5VvtYA&sig2=Jl4HzzBUpD_JRkGXCVg2Yw

また、今年は台風の発生が例年になく少ないそうです。
地球温暖化の影響でしょうか?

この地球温暖化をなんとかせねば。。。
それと、豪雨に対する備えも必要です。

先日の郡山の「ゲリラ豪雨」は、40ミリの雨でした。
いまでは、1時間に40ミリの雨は全国的に珍しくないそうな。

ツバルが沈むより先に福島が沈む」と中央大学の先生が
言っておられますが、意外とホントかもしれません。。。

「雨と洪水 ・・・ツバルが沈むより先に福島が沈む」↓
http://takedanet.com/2010/07/post_e47b.html

コメント

このブログの人気の投稿

PR-S300NE ルーター機能をオフにする方法

キャノン LBP9100Cで印刷時のスジの一時的な直し方

ティアナJ32のカーウイングスナビパネルの外し方、走行中の解除方法