投稿

4月, 2010の投稿を表示しています

地元のカタクリの里

イメージ
会社近くのかたくりの里です。
沢山のかたくりが群生しております。

地元の方が下草を刈り、山道を整備して見学を整備して見学しやすい様にしてあります。
またアズマイチゲ?も沢山咲いております。

桜もいいでけど、可憐なかたくりの花もいいです。

新電子マニフェストシステムの移行に関する特例措置

イメージ
ゴールデンウィーク中の5月4日から電子マニフェストシステムが新システムに切り替わります。

5月2日(日)、5月3日(月)はシステム切替え作業の為、システムが中断するそうです。

電子マニフェストの登録は3日以内となっていますが、この間の特例として、システム再開後速やかに登録すれば法律違反にはならないそうです。
休日期間中なので影響はあまり無いかと思いますが、ご注意ください。

環境省からの通達↓
http://www.jwnet.or.jp/jwnet/nextsys/kankyoushou20100421.pdf

マニフェストとマニフェスト

イメージ
「議論 de 廃棄物」の
http://blog.goo.ne.jp/jizokukanou
ブログで堀口さんが書かれていた事が面白かったので、紹介します。

私は、私が毎日何十枚と扱っている産業廃棄物管理票のマニフェストと、
最近話題の政権公約のマニフェストは同じ約束事の事であり、
英語の語源は同じだと思っていました。

しかし、産業廃棄物管理票のマニフェストと、政権公約のマニフェストとは
語源が違うのだそうです。
産業廃棄物管理票は manifestで、政権公約はmanifestoです。
意味も違って、前者は「積荷目録」で、後者は「宣言書」の意だそうです。

すこし、屁理屈の様な気がしますが、産業廃棄物管理票のマニフェストは、
"マ"にアクセントがあり、政権公約のマニフェストは、"フェ"にアクセントが
あるのが正解だそうです。
マニフェストとマニフェスト。
(ん~、ホント?)

とっても勉強になりました。
m(_ _)m

福島市の一本桜 芳水の桜

イメージ
17日は季節外れの雪となり、職場近くの「芳水の桜」を写真に収めに行きました。
折角なので、雪と桜のコラボレーション的な写真を撮りたかったのですが。。。

写真のプロなら、池に映り込んだ逆さまの桜とかも、写真に撮れるのでしょうが、いかんせん私にはその技術がありません。この写真では、ただ「寒々とした桜」としか、表現されませんでした。悲しいです。もう少し写真の勉強します。
(T_T)

「芳水の桜とは何処にあるのですか?」とよく道を聞かれますが、説明するのがとても難しいです。
今の時期は、この「芳水の桜」と「かたくりの里」への行き方を尋ねる方が多いです。「かたくりの里」の写真は次回またアップします。

くれぐれも、個人所有の桜なので、鑑賞にはご迷惑にならない様にお願いします。

「芳水の桜」はこちら↓。
芳水の桜

新しい産業廃棄物処理業許可証

イメージ
当社は、4月16日で4回目の積替え保管場の許可更新日を迎えました。
(産業廃棄物処理業許可は、5年に一度許可の更新手続きがあります)

2月に更新申請手続きをし、その後、福島県県北地方振興局の検査があり、場内の検査 書類関係の検査を受け、何の問題も無くクリアできておりましたが、新しい許可証が届くのが遅れており、心配をしておりました。

そうしたところ、昨日やっと福島県から電話があり、「新しい許可証が交付されましたので取りに来て下さい」とのことでした。
↑もう少し早くしてよ~(^^;)

当社社員一同、無事こうして新しい許可証が交付され、ほっと胸をなで下ろしましたが、今後も資源循環型社会の実現を目指し、可能な限りリサイクル率の向上に取り組んでいきたいと思います。

平成22年度 産業廃棄物処理業の許可申請に関する講習会 受付開始

イメージ
平成22年度の産業廃棄物または特別管理産業廃棄物処理業の許可申請に関する講習会を、4月1日より各都道府県の産業廃棄物処理協会で受付ております。

下記ページより、お近くの講習会会場をネット上から検索できます。

財団法人 日本産業廃棄物処理振興センター
http://www.jwnet.or.jp/workshop/index.shtml

講習会のお申込みにあたっては、あらかじめ「受講の手引き」を、各都道府県にある産業廃棄物協会にご請求ください。

処理業者(収集運搬業者・処分業者)の方、許可更新には、必須の講習会です。
早めに、近くの会場を予約することをお奨めします

更新時期を忘れ、やむなく遠くの会場でしか受講できない・・・
(T_T)
などということが無い様にお早めに。。。

石綿含有産業廃棄物 住宅屋根用化粧スレート処理

イメージ
写真は、商品名「セキスイかわらU」です。
かなり劣化が進んでおり、写真では判りにくいのでが、針の様な糸(アスベスト)が見られます。

ご周知の通り、古い住宅屋根用化粧スレートには、石綿(アスベスト)が含まれております。

解体・改修作業には十分な湿潤と、いたずらな破砕切断が禁止されてる上、運搬に際しては、石綿粉じんを飛散させないよう、他の廃棄物と分別することはもちろん、確実な包装等が義務づけされております。

処分は、管理型ではなく安定型の埋立処理が可能ですが、受入れてくれる処分場が少なくなっており、処分代が高騰しているのが現状です。

当社では、出来る限りの収集運搬効率のアップを図り、また当社指定の処分場と長期的な契約締結により処分料のコストダウンを計っております。


住宅屋根用化粧スレートの処理にお困りの方
お電話ください。
024-567-5108まで。


積水化学工業株式会社のアスベスト関連についてはこちら↓
http://www.sekisui.co.jp/contact/notice/1175446_1969.html

福島市吾妻連峰

イメージ
今日4月4日は午前中は雲一つ無い快晴となりました。

福島市内は桜の開花にはもう少し必要ですが、福島市の花見山周辺は昨日から
交通規制となったので、私は渋滞を避け福島市の西部方面に行ってきました。

一切経山の噴気がしっかり見えました。
また、吾妻小富士の雪うさぎも形になってきました。
春だ~
(*^_^*)

福島県 産業廃棄物管理票交付等状況報告制度

イメージ
昨年の実績報告の時期です。
福島県ではマニフェストを交付した排出事業者の方は、全て報告しなければなりません。
ご注意ください。
お早めに、お忘れなく。。。

くわしくは、福島県↓
http://www.pref.fukushima.jp/recycle/kanrihyou/index.htm